FC2ブログ

Entries

グッとくる?八神はやて

何とか日曜日には間に合ったか?
~日までっていったらその日中に何とかすればOKですよね?
せさみんです(挨拶

さて今回は前回の予告通りにグッコレのはやてなんですが、
はやてといえば最近あさりんさんのところでDDをベースにした はやてカスタム が形になってきたみたいですね。
ドール・・・欲しいなと思うこともあるけど手入れ、カスタム、環境、金額を考えるとせさみんには手が出せません。
なので
あさりんさんのはやてすごく羨ましいです。

ううぅ・・・それでは今回のアイテム
Cm_Hayate_Box.jpg
[グッとくるフィギュアコレクション21 八神はやて]始まります。
【魔法少女リリカルなのはStrikerS】
グッとくるフィギュアコレクション21 八神はやて
メーカー:シーエムズコーポレーション
材質:PVC/ABS/ナイロン塗装済み完成品
全高:約210mm
標準小売価格:12,390円(税込)

せさみんのところに来た4種類目5体目のはやてで、
グッコレのなのはシリーズはヴィータ、なのはに続いて3種類目になります。
それにしてもなのはシリーズのフィギュアとまらないなぁ(せさみんが買わなければいい話なんだけど)。

それでは早速グッコレはやてを見ていくとしましょう。

ブリスター
Cm_Hayate_Box2.jpg
3種類のフェイスと4組のハンドがあります。

全身
Cm_Hayate_All1_001.jpgCm_Hayate_All1_002.jpgCm_Hayate_All1_003.jpgCm_Hayate_All1_004.jpg
最初から付いているフェイス(通常顔)、ハンド(握り拳)に羽とリインをつけています。
相変わらず自立はしません。
羽はささりが浅くちょっとした事で外れるのでちょっとイラッと来るかも。
しかもポーズをつけるとかなりの割合で干渉します。
ベースはいつものタイプが付いていますが写真はありません。だって相変わらず使えないんだもの。
ここまではリボルテック用を以後はフィグマの物を使っていますが、フィグマ用は軸径が合わないので両面テープを使い無理矢理使っています。

アップ
Cm_Hayate_Up1_001.jpgCm_Hayate_Up1_002.jpgCm_Hayate_Up1_003.jpgCm_Hayate_Up1_004.jpg
Cm_Hayate_Up1_005.jpgCm_Hayate_Up1_006.jpgCm_Hayate_Up1_007.jpgCm_Hayate_Up1_008.jpg
Cm_Hayate_Up1_009.jpgCm_Hayate_Up1_010.jpg
通常顔はかなり微妙です。似てるかといわれれば似ていないと答えるレベル。
造形、塗装、仕上げもアクションフィギュアということを差し引いてももう少し頑張って欲しいなと思うところ。
あとオーバースカートの付け方はもう少し何とかならんかったのかと。
リインはボークスより一回り大きいとはいえこちらの勝ち。十分にかわいい感じになっていると思います。

ここでちょっと補足
以前のボークス製品ではかなりきつい事を言っていたのになぜ同じような塗装レベルのグッコレがそんなに酷く言われていないかという事ですが、グッコレはデコマスの段階からあまり綺麗に塗られておらず、顔がイマイチとか塗装がイマイチという事を承知でせさみんが購入しているためです。
そのため最初の期待値からそんなに大きく外れておらずそんなに不満に思わないのできつい物言いになら無いのです。

アクション
Cm_Hayate_Image1_001.jpgCm_Hayate_Image1_002.jpgCm_Hayate_Image1_003.jpgCm_Hayate_Image1_004.jpg
Cm_Hayate_Image1_005.jpgCm_Hayate_Image1_006.jpgCm_Hayate_Image1_007.jpg
Cm_Hayate_Image1_008.jpg
顔を怒り顔に、ハンドを持ち手に変えシュベルトクロイツを持たせています。あと左手を平手に。
ポーズをとらせるんであればこちらの表情の方が動かし易い感じだと思います。
なのはと比べるとスカートの構造が変わったためいつでもパンチラということは無くなりましたが、
股関節の可動範囲はかなり制限されます。
シュベルトクロイツは可もなく不可もなくといった感じ。

アクション2
Cm_Hayate_Image2_001.jpgCm_Hayate_Image2_002.jpgCm_Hayate_Image2_003.jpgCm_Hayate_Image2_004.jpg
Cm_Hayate_Image2_005.jpgCm_Hayate_Image2_007.jpgCm_Hayate_Image2_008.jpgCm_Hayate_Image2_009.jpg
Cm_Hayate_Image2_010.jpg
アルターはやて風ポーズ。
なかなかいい感じに決まっていると思います。
ただ、羽が肩に付いているので腕を上げると向きが合わなくなります(リインも)。
夜天の書(開)はプラ棒で浮いている感じを出していますが、ちょっと棒が目立ちます。

アクション3
Cm_Hayate_Image3_001.jpgCm_Hayate_Image3_002.jpgCm_Hayate_Image3_004.jpgCm_Hayate_Image3_003.jpg
Cm_Hayate_Image3_006.jpgCm_Hayate_Image3_007.jpgCm_Hayate_Image3_008.jpgCm_Hayate_Image3_009.jpg
Cm_Hayate_Image3_005.jpgCm_Hayate_Image3_012.jpgCm_Hayate_Image3_011.jpgCm_Hayate_Image3_010.jpg
笑顔、夜天の書(閉)+持ち手。
笑顔はあまり似てないけどカワイイと思います。
夜天の書(閉)はそれ用の持ち手(ダボつき)でキッチリ持たせることが出来ます。

アクション4
Cm_Hayate_Image4_001.jpgCm_Hayate_Image4_002.jpgCm_Hayate_Image4_003.jpg
Cm_Hayate_Image4_004.jpgCm_Hayate_Image4_005.jpgCm_Hayate_Image4_006.jpg
Cm_Hayate_Image4_007.jpgCm_Hayate_Image4_008.jpgCm_Hayate_Image4_009.jpgCm_Hayate_Image4_010.jpg
羽とオーバースカート無しで。
凄くスッキリした感じになって太もものムッチリ感が強調される気がします。
夜天の書用の持ち手はリインを乗せる事も出来ます。
干渉が減るので少しだけダイナミックにポーズをとる事が出来るようになります。

ほか
Cm_Hayate_Image5_001.jpgCm_Hayate_Image5_002.jpg
帽子は取れますが同シリーズのヴィータと同様に大きなダボ穴が開くのでオススメしません。

P
Cm_Hayate_P_001.jpg
なのはやヴィータと違いスカートを外す事が出来なくなりました。
それにしても何故にメタリックグリーンなんでしょう?

と、こんな感じかな。
アクションフィギュアはバリエーションを撮るだけでいっぱいいっぱいでライティングの決め打ちまで手が回りません。
まとめとしては出来自体はいつものグッコレと変わらないかな。
とはいえもう少し似せる努力をして欲しいと思う。
というか、造形、塗装のレベルも少しは進歩して欲しいところ。
発表されている中ではプリキュアMHの白キュアは出来がよさそうに見えるので、今後は造形に期待できるのかもしれないけどね。

さてこの連休でもう一つぐらいいけるか・・・。
関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://seasamen.blog97.fc2.com/tb.php/236-19b7d493
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

せさみん

Author:せさみん
まったりと自由に
気が向いたら更新。

リンクは自由にどうぞ。

追記を表示をクリックでそのエントリーのレビューなどに飛びます。
画像クリックで別窓で拡大表示。

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索